恐らく今年最後の帰省を終え、東京に戻ってきて1週間。

まだ一週間前の余韻が残っているようで、本当に充実した時間でした。

今年感じたこと(要約)

■外からの評価が高い高岡(富山)
先週の帰省時、東京、岐阜、市外の方etc・・・いろんな方とお話しさせていただきました。

「この日を楽しみにしてきた!!」とか「思わず2日間も延泊しちゃいました!!」とかそんな声も聞くこともあり、とても嬉しく、街が斜陽の季節のころしか 知らない自分にとっては、もっと生まれ育った場所を誇っていいんだな、そしてそこにいる方たちを尊敬すべきなんだと思いました。

富山って高岡に限らず、外から来たからの評価がとても高い場所で(もちろん、住むのと行くのは違うけれど)、自分たちの場所に自信を持っていいんだなと思います。

冷めた感じのする市民、県民の方が多かったことも事実ですが。。。

■カオスな街
3日3晩万葉集を謡い続ける「万葉祭り」、

駅ナカのそば屋さんの同じ丼にうどんとそばが一緒になっているその名も「ちゃんぽん」

同じで店内で振り返れば20種類位ある「ソフトクリーム」、

22時に街中を歩いていると突然現れるライトアップされた巨大な大仏。

駅前のごちゃごちゃ感などなど

クレイジーなだなと思える点が多々あり、ひとつひとつのコンテンツは面白いなと思いました。

■ちょっと不便がちょうど良い
新幹線の停車駅「新高岡」と在来線の「高岡駅」
離れていて不便、一緒にしなかったのが失敗。という意見もありますが、僕は全く思いませんでした。

新高岡に降り立った時から、曲のイントロが流れ出し、歩き出せば、高岡の礎となった瑞龍寺や前田利家のお墓もあり、そしてサビの部分で高岡駅、素晴らしいクラフトが生まれる場所にたどり着くような、ストーリーを感じられて、僕はとても好きでした。

地方って、ちょっと不便が心地良いだと思います。

地元に人にとっては、移動手段は車だから、多少離れていてもあんまり変わらないかと。

新高岡駅前のイオンはあんまり望ましくない光景だと思います。
これ以上は・・・ここでは口チャック

■所有より賃貸
もともと持家志向の強い県ですが、僕はもっと賃貸が市民権を得ていいと思います。

ローンに縛らず、住みたい時に住みたい場所に住む。
海もあり、山もあり、四季があり、その土地もならではの文化も食事もあり。

もっと身軽に、その時の気分と状況でいろんなところに住む。

もっともこんなことができるのも、その土地にで所有している人があってのこそですが。

富山の賃貸情報を見ていると、東京に本社が不動産会社が作ったコピペのような賃貸住宅ばっかりで、個性を生かし切れていないのかなと思います。

これは不動産屋のはしくれとしての将来の僕の課題です。

■その他
約200インチのモニター×4面で工場を映す高岡ファクトリーストリートは高岡のイントロとしては、素晴らしい企画なので、新高岡駅や東京の富山のアンテナショップでぜひ常設でやってほしいなと思いました。

■おまけrap
YO!!YO!!Come on!!
俺は高岡生まれ「やがえふ」育ち
イモそうなやつと大体友達
イモそうなやつと大体同じ道歩き出会うサティ
渋谷新宿そう思春期から憧れ、マジでぞっこんに
夢なら描いていた机に
マジで親のおかげだった本当に
だが時は経ち今じゃ渋谷区住所
そこらじゅうで顔バレするZE!!
ビルのことならマジでNo.1不動産屋
恵比寿代表トップブローカー
そうこの地この国に生を授かり
親に無傷の体授かり
家持利長にフルサトに
今日も感謝して進む華のTOKYO!!

最後に来年の富山も待ち遠しくなりました。
交通費かせがないと!
次はいつじゃなくて、いつでも気が向いたときに帰ろう。