東京タカオカンナイト昨日の勝手に東京タカオカンナイト初開催、所感書きます。
いろんな思いも込めて、長文、乱筆、失礼な・お気を悪くされる表現がありましたら、すみません。

まずはじめに、3つお知らせがあります。
1.今年に入って、僕の発言によって、冨山、高岡を中心、いろんな方にネガティブな思いをさせてしまったかと思います。
お詫びします。

2.今日の東京タカオカンナイトにご協力頂いた皆さん、心よりお礼を申し上げます。
※本当はこんな素晴らしい方たちがいるって、皆さんに伝えたいのですが、どこまで伝えて良いのか分からないので、できる限り個人名は控えます。順不同
東京で富山の美味しいを伝える「きいもんさん」、伝統ある金屋町の娘様、今回きっかけを作って頂いた故郷、高岡がこんない美しい街だと教えて頂いた東京の ライターの方、東京で富山の魅力を伝える、富山県出身首都圏若者ネットワークacoicoの関係者さん、公務員の皆さん。
ありがとうございます!

3.富山イベントのお知らせ
12月19日(土)17:00~19:00
Uターンしたいけど塾
いつかはUターンしたいと考えつつも、きっかけが掴めないような方を対象に、移住の先輩が自身の経験をもとに移住の良い点、悪い点、移住後の生活の変化などについて語ります。
詳しくはこちら
https://toyamanokoto.com/information/#id384

12月20日 18:30 – 21:00
『acoicoクリスマスパーティ2015』富山県人が大都会六本木でハイカラにクリスマスパーティ!?
https://www.facebook.com/events/316185778505082/

2月13日
金沢と高岡に集う夕べ
銀座の金沢のアンテナショップにて

以下、本文です。

今年に入って、僕の故郷への思いはとても複雑でした。

多様性を排除したような地域、閉鎖的な空気、鉛色の空、時々帰れば、幽閉されているような気持ちになる事も事実です。

広すぎる空は時として、人を、時間を窮屈にさせると。
自然が好きじゃなくちゃ、もの作り最高と思わなくちゃ、この場所にいちゃいけないのかと。

一方で、今までダサイとかただ廃れていくだけだと思ってた故郷が、新幹線の開業や僕自身もNHKさんにも出演させて頂いたこともあり、故郷を知る機会に恵まれ、実はこんなにまぶしい、恰好いい故郷があったことに気づかれました。

こんなに素晴らしい、面白い方達がたくさんいると。

こんなはずじゃなかったのにと。
とっても小さな自分でお恥ずかしいけれど、今までただのオジサンがお兄ちゃんが地元のヒーローみたいになっていることに、嫉妬もありました。
東京でくすぶっている自分と比較して、悔しいなと。

その現実、今と昔のギャップに気持ちのバランスがとれなくて、どんな距離感をもって故郷と接すればいいか、日々戸惑うばかりでした。
今もそうです。

つるぎよりも鋭く心をささり、白鷹よりも雄大に舞い、かかがきよりもまぶしい故郷。

東京にいて、高岡好きだー!!!っていうのも、何だかしらじいしも気もするし、行くのと住むのも違う。

でも、やっぱり故郷の名前が出てくると気になって。プラス評価の声を聞くと、思わずにやけたり、心の中でガッツポーズしたり、いいね!!を連発したりします。

こんなことを書くと、だったらとっとと高岡に帰ればいいのにと自分でも思いますが、それは違います。
やっぱり東京も楽しいし、魅力的です。
過去も未来も心地よくリセット出来て、いつだって輝いている。

場所と生き方に対して、好き・嫌い、良い・悪いで判断すると、窮屈になってしまうと思うし、地方創生にのっかる、影響されるのも違うと思うので、揺れる思いの振れ幅そのままに、時に批判的に、概ねポジティブに楽しんでいきたいと思っています。

どこにいたって、何らかの形でゆるかに故郷に関わっていたいと思いそのままに。

今回、いろんな方の話を聞いて、今度はあこ行こう、ここ行こうと思う場所はたくさん出ていきました。

来年行ってみたいと思います。

これから東京で高岡に関して行きたい、住みたいと聞かれたら、もう少ししっかり伝えられるようになりたいなと思いました。

次回は目指せ来年3月開催。
今回至らなかった(僕がテンション上がって酔っ払いすぎた。。。)部分を反省して、より楽しいものにしたいと思います。

ゆくゆくは季節ごとの定期開催。
そして、高岡に行きたい、住みたいと関心のある方たち、僕たちだからこそできる場に発展させていければと思っています。

願望として、僕の本業が儲かったら、富山湾の魚をでっかいのドーンと仕入れて、解体ショーとしたいと思っています。

とりあえず、次に帰ったら、来月オープンの
高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー
http://fujiko-artgallery.jp/

には行ってみよう。

ありがとうございました。