本日の「首都圏在住・OLが抱くエリアイメージ~before・after」は「赤坂エリア」です。

赤坂と言えば、繁華街のイメージをお持ち方も多いと思いますが、今や山手線の中で一大ターミナル駅。
東西南北、それぞれ色が違い、面白いエリアです。

北は赤坂御用地、弁慶橋・ニューオータニなどの緑が溢れ、上質な雰囲気を漂わせ、
東は国会議事堂、首相官邸、議員会館などの日本政治の中心部。
南はオフィス街。
西は繁華街兼オフィス街。

赤坂 (1)使用可能路線は徒歩10分以内で6路線

東京メトロ銀座線・赤坂見附駅・南北線・半蔵門線・有楽町線・千代田線

を使うことが出来、品川を除く、都内主要ビジネス街に乗り換え無し、30分以内でアクセスができます。

場所にもよりますが、六本木も徒歩15分位です。

これだけ便利が良いにもかからず、周辺のエリアの方がブランド力があるためか、例えばお隣の青山エリアと比べても、家賃の相場1~2割お安く、お得です。

家賃相場
「坪1万円半ば~後半」がターゲットになります。
※1フロアの当たり20~30坪・築20年前後のビルの場合。

上記のようなこともあってか、ドコモ、博報堂、YAHOO、ボストンコンサルティンググループ、ドイツ銀行など、外資系企業含め、名だたる大企業の拠点があります。

さて、そんな赤坂エリアですが、実際に皆様が東京の拠点を開設された際、採用されるであろう首都圏在住・OLの皆様にとって、どんな街に見えるかのでしょうか?

行く前と実際に歩き回って後とではどんなイメージの差があるのでしょうか?

良いことも悪いことも、女子目線、赤坂エリアのリアルをお伝えします。

■訪問前の赤坂のイメージ赤坂 (4)

1.赤坂についてどんな印象ですか?

赤坂はTBS、赤坂見附は飲み屋街とちょっといいお食事のお店が共存している雰囲気くらいしか印象がありません。

2.赤坂で働くとどんなメリットがありそうですか?

赤坂サカスでやる系統の舞台などが好きな人は会社帰りに寄れて良いんじゃないでしょうか。
あとは赤坂見附にビックカメラがあったり、時々買い物に便利そうです。

3.働いてみたいですか?

どちらでもないです。

■訪問後の赤坂のイメージ赤坂 (3)

4.ランチ(飲食店・カフェ等)について

赤坂見附周辺はお店は沢山ありますが、オシャレなカフェは少ないです。
マックはじめリーズナブル系と居酒屋とか中華系が多いです。

赤坂周辺もお店は多いです。
赤坂Bizタワーはオシャレで雰囲気は良いですが、ちょっと値段が張るので普段使いには難しいかもしれません。

そこから道路を挟んだ反対側に歩いて行ってみると、オシャレなお店でランチが650円というのを見かけたので驚きました。

5.治安・環境について

基本的にはいいと思います。
大通りは歩道も綺麗に整備され、広くて歩きやすいですし。
駅から離れると急な坂のある場所が多く大変でした。
赤坂見附の夜は繁華街っぽくなりそうです。

6.交通の便

赤坂見附駅周辺だと永田町の駅も近く、割といいと思います。
坂が多い場所はかなり急なので自転車は無理そうです。

7.働いてみたいですか?

どちらでもないです。
そんなに魅力は感じないです。

8.その他気になったこと

オフィスビル内に郵便局があるのは良いなと思いました。。
時々用事ができても、平日昼間しか営業しておらずなかなか行けないためです。

9.入りたい建物

山王パークタワー。
郵便局や飲食店も入っているし大きくて綺麗です。

10.入りたくない建物

特にありませんでした。

首都圏在住・OLが抱くエリアイメージ:赤坂~before・afterのまとめ赤坂 (2)

全体的にマイナスの印象は少ない印象。

飲食店が豊富な点も魅力のひとつです。

この場所にオフィスがあれば、イメージもリクールティングも、社員の方のモチベーションがマイナスになることはないでしょう。

問い合わせバナー