浅草ー1台東区・墨田区と富山県とコラボした「大人の遊び、33の富山旅。」(展示)に行ったついでに都内あちこちサイクリング、アンテナショップめぐり。
http://sumida.keizai.biz/headline/538/

■墨田区
もの作り・伝統工芸が盛んで、スカイツリーや両国国技館以外は、息を飲む自然も、誰もが食べたくなる海の幸も山の幸もないところ、そんな空気感が高岡と似ているところがあるなって思って、墨田区についてもっと知りたくなりました。

誇るべきものは、人がちゃんと熱を持って、自分たちの言葉で魅力を伝え続けていかないと、一部の人、業界の人以外は本当に知らない、こないものだから。

また、街を見ていて、いろいろ考えることがあって、、、
(備忘録として)アウトレット、コストコ、イオン、高岡駅と新高岡駅、自分たちの日常が、、、富山について、あれこれ言うと、またいろいろお叱りを受けそうなので、今は静かに。。。

今はダメだなと思う点もポジティブに出来る時がくると思う。

そして、改めて高岡に生まれて育って良かったなとも。
自然と食事がないからこそ、人に来てもらうための仕組みを考えることが出来る、関わることが出来るチャンスがあるから。
面白い。

■浅草浅草ー2
ビルの上のから見る浅草寺も仲見世通りも中々良いものです
夜の浅草も良さそう。
人力車の皆さんの強引な客引きは浅草の価値を下げていると思う。

■アンテナショップめぐりアンテナショップ
アンテナショップ銀座と呼ばれる、日本橋(三越前)から新橋まで、ひとめぐり。
感想は○※×△・・・、それぞれ。

来春?出来るであろう富山のアンテナショップに期待です。

銀座よりも交通の便は良くないし、街にいる人、来る人の数も多くないけど、ひとり・1世帯あたりの収入は1000万は越えていて、時間も余裕がありそうな人がいる中々の立地。

ここをきっかけに富山に来て、お金を使う人も増えればいい。

また、東京にいる富山人も、どんどん活用できる場になって欲しい。

せめて東京のアンテナショップにアウトレットのパンフを置くのはやめて。

最後は、唯一半分位飲める宇奈月ビールで乾杯。
呉羽梨も最高でした。

 

して、アウトドア派じゃない自分でも、今まで知らなかった富山の楽しみ方を